『穀雨』/美しい日本語、言の葉の風

You can read this post in 2 minutes.

『穀雨』

四月二十日頃は、二十四節気でいう『穀雨(こくう)』の頃です。

『春雨降りて百穀を生化すれば也』と、暦便覧には記載があります。

穀雨とは、百穀に降り注ぎ、潤す春雨のこと。
準備が整い待ち望む雨を迎える田畑では、穀物の成長が始まります。
田畑の穀物にとって、まさに恵みの雨。

せっかくなので、春にちなんだ美しい言葉を、幾つか。


『春雨と、春雷』

春雨は、春に地に降り注ぐ優しい雨の印象。一方、春には
春雷という言葉もある通り、春先に雹を伴う雷雨もまた見られることもあります。優しい雨ばかりが降るわけではない、そういった光景が度々見られます。

けれども寒く長く厳しい季節を乗り越えてきた多くの命が、
春という季節の到来を歓喜しているかのようであることは、確か。
海の色も姿を変え、美しい花々もまた目を楽しませてくれます。

また、一方で春にある様々な言葉の中には、愁いを感じさせるものも。

春愁』

これは新しい生命が生まれ、世界が明るい光に輝くようなそんな春という季節にも、かえって物悲しくなること。
そのことを、春愁、春の憂い、といいます。
春の夢、春の夜の夢は、短くて儚いもののたとえ。

光と影が切っては切り離せないように、
明るく生命力を感じさせる春という季節だからこそ、どこかで、儚さも感じさせるのかもしれません。

 

『穀雨』の載る暦一覧とは、1788年に発行された二十四節気の説明を記した本のこと。
以下、二十四節気についてわかりやすくまとめてみました。


五日を一侯。
三侯は一気。(15日をひとつの区切りとして、一気という)
一月は二気六侯(二気も、六侯も、どちらも30日のこと)
一季は三月(それぞれの季節は、3月ずつで分けられる)
一年は四季(四つの季節。春夏秋冬)

となっております。

一侯や一気等、今ご紹介させていただいたものがなじみがあまりなくとも、
二十四節気、という言葉は、きっと皆さまご存知だと思います。
一年を二十四つに分けたもの(15日ずつで分けたもの)、それが二十四節気です。

二十四節気は、
四つの季節、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を六気ずつに分けられ、以下のように名がついております。


『春』
初春/立春(りっしゅん)・雨水(うすい)。仲春/啓蟄(けいちつ)・春分(しゅんぶん)。晩春/清明(せいめい)・穀雨(こくう)。
『夏』
初夏/立夏(りっか)・小満(しょうまん)。仲夏/芒種(ぼうしゅ)・夏至(げし)。晩夏(ばんか)/小暑(しょうしょ)・大暑(たいしょ)。
『秋』
初秋/立秋(りっしゅう)・処暑(しょしょ)。仲秋(ちゅうしゅう)/白露(はくろ)・秋分(しゅうぶん)。晩秋(ばんしゅう)/寒露(かんろ)・霜降(そうこう)
『冬』
初冬/立冬(りっとう)・小雪(しょうせつ)。仲冬/大雪(たいせつ)・冬至(とうじ)。晩冬/小寒(しょうかん)、大寒(だいかん)。


この言の葉の風では、それぞれの節気について、その都度ご紹介させていただきますね。


ご覧いただき、ありがとうございました!

 

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像 

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

🌸プロフィール🌸

深空月 彩(みそらづき さい)

このBLOG、言の葉の風と、恋愛名言・言の葉和BOTの管理人をしています、深空月(みそらづき)と申します🌺

ライター経験が10年ほど、そのお仕事を通して、日本語の奥深さを再確認。

心を打つ綺麗な言葉たちが少しずつ忘れられていくことが惜しくて、またもっと多くの言葉を私自身も知りたくて、様々な言の葉と、心惹かれるフリー写真をご紹介するこのBLOGを、再稼働させることとなりました。

堅苦しいことはない場所なので(*^-^*)、どうぞごゆるりとおくつろぎください。ご紹介する言の葉たちが、貴方の特別なものとなりますよう、願っております✨

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

Please select recommend post from post edit page.