『立夏(りっか)』/美しい日本語、言の葉の風

You can read this post in 2 minutes.

 

五月六日頃は、二十四節気でいう『立夏』の頃です。

『夏の立つがゆえ也』と、暦一覧にはあります。
散歩に出れば新緑が目にまぶしく、
輝くかのような爽やかな風を感じることができる頃。

今年は、長い人ではGWが10連休という長期間で、
要因は様々であっても、五月病になる人も多いと聞きました。

日の光を浴びるとストレス軽減に役立つとか。
この時期は一年で一番日照時間が長いのだそうで、
意識して外に出るのはとてもよさそうですね。
この爽やかな季節に外に出ないのは、勿体ない!
なんて(笑)個人的には思います。

非日常に身を置くのも、五月病を回避するのに役立つみたいですよ。
…これは、テレビの受け売りですが(笑)
いつもと違うカフェに入る、
一駅前で電車を降り、歩いてみる。
そんな些細な変化でも、良いのだそうです。
それもまた、非日常です。

疲れた時、何もかもしんどい時には、
道端の小さな花に目をやって、
きらきらと光をまとうかのような風に、
立夏という季節を感じながら、ひと呼吸。
自然がたてるささやかな音に耳を傾け、一度休んでみてください。
それらがきっと、再び立ち上がるための力を、
与えてくれます。


私が暮らす土地は東北の自然豊かな田舎なので、
自然の変化を肌で感じることのできます。
立夏の頃、それから次の節気である小満の期間には、
この東北のいわき市では、田植えがどんどん進んでいきます。
田んぼは水田へと姿を変え、
ぴょこんぴょこんと小さな苗たちが水田から顔を出し、
風に楽し気に揺れています。
この時期、水田が風紋を作り、光が揺れる光景は、
あまりに綺麗で、思わず足を止めて魅入ってしまいます。

やがて育つ苗たちは、田んぼで暮らす生き物たちの家となり、
やがて私たちが食べる美味しいお米を実らせてくれます。


『節気の名前』

五日を一侯。
三侯は一気。(15日をひとつの区切りとして、一気という)
一月は二気六侯(二気も、六侯も、どちらも30日のこと)
一季は三月(それぞれの季節は、3月ずつで分けられる)
一年は四季(四つの季節。春夏秋冬)

となっております。

一侯や一気等、今ご紹介させていただいたものがなじみがあまりなくとも、
二十四節気、という言葉は、きっと皆さまご存知だと思います。
一年を二十四つに分けたもの(15日ずつで分けたもの)、それが二十四節気です。

二十四節気は、
四つの季節、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を六気ずつに分けられ、以下のように名がついております。


『春』
初春/立春(りっしゅん)・雨水(うすい)。仲春/啓蟄(けいちつ)・春分(しゅんぶん)。晩春/清明(せいめい)・穀雨(こくう)。
『夏』
初夏/立夏(りっか)・小満(しょうまん)。仲夏/芒種(ぼうしゅ)・夏至(げし)。晩夏(ばんか)/小暑(しょうしょ)・大暑(たいしょ)。
『秋』
初秋/立秋(りっしゅう)・処暑(しょしょ)。仲秋(ちゅうしゅう)/白露(はくろ)・秋分(しゅうぶん)。晩秋(ばんしゅう)/寒露(かんろ)・霜降(そうこう)
『冬』
初冬/立冬(りっとう)・小雪(しょうせつ)。仲冬/大雪(たいせつ)・冬至(とうじ)。晩冬/小寒(しょうかん)、大寒(だいかん)。

今回ご紹介しましたのは、『夏』の最初の節気である、『立夏』
次なる『小満』に向け、植物の葉は青さを増し、夏らしい色を次第に強めていきます。

 

ご覧いただき、ありがとうございました!


マサコ アーントによるPixabayからの画像

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

🌸プロフィール🌸

深空月 彩(みそらづき さい)

このBLOG、言の葉の風と、恋愛名言・言の葉和BOTの管理人をしています、深空月(みそらづき)と申します🌺

ライター経験が10年ほど、そのお仕事を通して、日本語の奥深さを再確認。

心を打つ綺麗な言葉たちが少しずつ忘れられていくことが惜しくて、またもっと多くの言葉を私自身も知りたくて、様々な言の葉と、心惹かれるフリー写真をご紹介するこのBLOGを、再稼働させることとなりました。

堅苦しいことはない場所なので(*^-^*)、どうぞごゆるりとおくつろぎください。ご紹介する言の葉たちが、貴方の特別なものとなりますよう、願っております✨

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

Please select recommend post from post edit page.