『小満(しょうまん)』『君影草(きみかげそう)』/美しい日本語、言の葉の風

You can read this post in 2 minutes.


五月二十一日頃は、二十四節気でいう、『小満(しょうまん)』の頃です。

暦便覧には、『万物えい満すれば草木枝葉繁る』とあり、
万物は、しだいに長じて、天地に満ち始めるということを意味します。
梅雨の話題が上る頃であり、たくさんの雨が大地の恵みとなり、
作物や生き物が生き生きとした姿を見せてくれる時。

生い茂る草木の枝葉、
それらを語る時、育つ植物らと切り離せない存在である、雨。
南の土地では梅雨入りの声が聞こえ始め、
人々が自分たちの暮らす場所では梅雨入りがいつになるか、
気になりだします。

本格的な雨の季節はもう少し先ですが、
雨に関わる綺麗な日本語を挙げてみますね。

『袖傘雨(そでかさあめ)』

袖を傘代わりにかざして雨をしのぐ、小降りの雨のこと。
慌ただしさなどなく、腕を上げるしぐさ、袖が小雨を遮る様が、
どこか品を感じさせますよね。

梅雨の前に少し降る雨は、『ひと湿り』。
『零雨』『小糠雨』『涙雨』『疎雨(そう)』『糸雨(しう)』『微雨(びう)』『朦雨(もうう)』
これらは、すべて『ひと湿り』の別名です。
ひとつひとつの美しい呼び名からは、
四季の変化に敏感で、自然に優しいまなざしを注いだ先人たちの、
そんな心が伝わってくるようです。

梅雨というとじめじめして嫌だな…
早く終わって~~💦
と、憂鬱になってしまうこともありますが、
雨が緑に透明の粒を散らすさまなど、
探せば綺麗な景色は多々見つけられます。
他にも雨に纏わる美しい言葉を。

『翠雨(すいう)』

翠雨。または緑雨(りょくう)とも。濡れそぼる青葉の色は、景色を淡く彩ります。
翠嵐(すいらん)は、樹木の緑が滲むような山気を意味する言葉、だそうです。


そして、この小満の頃に見られる、控えめで可憐な花のことを。

『君影草(きみかげそう)』

白い小さな花が連なる…といえば、思い浮かぶ人もいるでしょうか。
これは鈴蘭の別名です。
淡く良い香りを漂わせる可憐な白い花なのですが、
日本では、昔はあまり良いことは言われなかったそう。
なんでもこの花の群生地は不毛だ、なんて。
不名誉なことを言われてしまっていたからだそうです。

君影草という呼び名はどこから来たのかな~と思いましたが、
うつむいて可愛い花を咲かせる鈴蘭、
その姿が、男性の一歩歩く、しとやかな古き日本女性を思わせて、
控えめでおとなしくて、かつ可憐な印象を持つ別名が生まれたのかもしれませんね。

昔不名誉なことを言われていたというのは意外ですが、
今は人気の花ですよね。
花言葉は『再び幸せが訪れる』と、『純粋』なのだそうです。

 

貴方の応援が励みになります!
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

ありがとうございました💛

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

🌸プロフィール🌸

深空月 彩(みそらづき さい)

このBLOG、言の葉の風と、恋愛名言・言の葉和BOTの管理人をしています、深空月(みそらづき)と申します🌺

ライター経験が10年ほど、そのお仕事を通して、日本語の奥深さを再確認。

心を打つ綺麗な言葉たちが少しずつ忘れられていくことが惜しくて、またもっと多くの言葉を私自身も知りたくて、様々な言の葉と、心惹かれるフリー写真をご紹介するこのBLOGを、再稼働させることとなりました。

堅苦しいことはない場所なので(*^-^*)、どうぞごゆるりとおくつろぎください。ご紹介する言の葉たちが、貴方の特別なものとなりますよう、願っております✨

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

Please select recommend post from post edit page.