『芒種(ぼうしゅ)、雨見時(あまみどき)』『蛍、火垂る、星垂る』/美しい日本語、言の葉の風

You can read this post in 2 minutes.

六月六日頃は、二十四節気でいう、『芒種(ぼうしゅ)』の頃です。

『芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也』と、暦便覧にはあり、
芒種とは、麦や稲といった芒のある穀物を植えつける時期を意味し、
本格的な雨の季節到来に、
ひとびとは様々な思いを抱きます。

入梅というのは、6月11日前後。

度々雨が降り湿気が増え、
日照時間が減り、必然的に洗濯物を外に干すことも難しい…
といった日が増えますね。
カビやらなにやらの悩みが増えるこの梅雨の季節を、
嫌う人は多いです。

けれども梅雨は、古来より日本人が向き合ってきた、
自然が多彩な表情を見せてくれる、雨の季節でもあります。

梅雨の長雨は、大気の中のチリを綺麗にし、空気を浄化させる役目を担い、
燕は色あせ盛りの過ぎた紫陽花を見て、
南国に帰る時期が差し掛かっていることを知ります。

『雨見時(あまみどき)』

これは、梅雨の別名です。
ただ、梅雨、というより、
先人たちの雨に向ける優しいまなざし、感謝、その風情を楽しむ余裕のようなものが伝わってきます。
祖先らの長く降る雨の季節に向けるものが、
嫌悪ばかりではないと感じますね。

それもそのはず、雨は、まさに恵みの雨でした。
これがないと多くの栄養を草木はとれずに、
稲も様々な植物も、林も森も潤うことはなく、
この先に待つ苛烈な季節である、夏に備えることができません。
雨は、命の水。人が、虫が、動物が、植物が、水がなくては生きていけないこと、
昔生きた人々は、痛切に感じてきたことでしょう。

現代のように蛇口をひねれば水が出るわけではなく、
貯水などもできない、
昔の人々は、
万一空梅雨のようなことにでもなれば、とても…大変なことになりました。
豊かな恵みの雨への感謝は、深いものであったのでしょう。
日本には多くの雨や水に纏わる美しい言葉が存在しており、
使われることは減ったけれど、多くのそれらの言葉が残りました。
その言葉を口にした人々と、
言葉が残ったわけを想像すると、
少々じめじめとしてうっとうしい季節である、この梅雨の時期も、
少し違った風景に思えてきます。


本格的な夏の到来を前に姿を現す、
儚く綺麗な、生き物の紹介を。

『蛍/火垂る/星垂る(ほたる)』

火垂るといったのは、貝原益軒という、江戸時代の儒学者でした。
星垂るが語源という説もあります。
夜空の星々が降ってきて、光っている…
そういうイメージから、でしょうか。

蛍の光は熱を持たない冷光。
日本列島を真夏の激しい暑さが包むころには、
その儚い生き物たちは、そっと姿を消しています。

蛍は綺麗な水がある所、
餌が豊富で、
暗く静かな環境であること、など、
生息する条件があり、
その姿を見られる場所は数を減らしています。

私も数匹くらいしか実は見たことがなくて、
子供がもう少し大きくなったら、
蛍の群れが見られるという、

地元のあるスポットに向かってみようと思っています。
蛍が行き交い舞い踊るかのような光景は、
一度は見てみたい!
と切望してしまいますね😊。

小さな子供たちにも見せてあげたい、
後世に残したい光景のひとつですね。

 

貴方の応援が励みになります!↓

また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

ありがとうございました!

 

Anthony JarrinによるPixabayからの画像

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

🌸プロフィール🌸

深空月 彩(みそらづき さい)

このBLOG、言の葉の風と、恋愛名言・言の葉和BOTの管理人をしています、深空月(みそらづき)と申します🌺

ライター経験が10年ほど、そのお仕事を通して、日本語の奥深さを再確認。

心を打つ綺麗な言葉たちが少しずつ忘れられていくことが惜しくて、またもっと多くの言葉を私自身も知りたくて、様々な言の葉と、心惹かれるフリー写真をご紹介するこのBLOGを、再稼働させることとなりました。

堅苦しいことはない場所なので(*^-^*)、どうぞごゆるりとおくつろぎください。ご紹介する言の葉たちが、貴方の特別なものとなりますよう、願っております✨

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

Please select recommend post from post edit page.