『風の道』『友風(ともかぜ)』/美しい日本語、言の葉の風、言葉。

You can read this post in 2 minutes.

 


先日、六月二十一日頃は、二十四節気でいう『夏至』の頃だと、ご紹介しました。
この時期に相応しい綺麗な言葉を…と、思いを巡らせたり、
本の頁を捲ったりして、
そうして、今回取り上げたい言葉を見つけました。

春、夏、秋、冬…
更に季節を六つずつに分ける二十四節気、
この国、表情を変えていく豊かな自然は、私たちの目を楽しませてくれます。
しかしもちろん、自然を感じるのに、目だけを使うわけではありませんよね。

『風』

そう、季節を知らせ、季節を彩る名わき役ともいえる存在です。

私たちは吹き付ける風に、今がいつであるかを改めて感じさせられることもあります。
季節の草花の香をまとう風もまた、そう。
祖先たちは、それらを運ぶ風を肴に酒を口にすることもあったそうで。
風を友してきた先人たちがいるから、『友風(ともかぜ)』という味わい深い言葉が残ったのでしょうか。

『風流(ふうりゅう)』

風流だなぁ、などと何気なく口にしたくなる言葉。
正しい意味は、『心の中に涼しい風が吹いているような』ことをいうそうで。
穏やかに自然と向き合う心の余裕がなければ、そこにある美しさも感じられず、
こういう心地を味わうこともできないのかもしれません。

『風情(ふぜい)』は、
独特の味わいや、趣。
『風雅(ふうが)』は、
俗っぽくなく、みやびやかで趣があること、
『風韻(ふういん)』
も風流な趣など。
趣とは、味わいや、自然にそう感じられること、といった意味です。

風に纏わる言葉は多く、
こちらはあまり耳にしなくなったのですが、ご存知でしょうか。

『風の道(かぜのみち)』

日本の住宅事情も昔とはだいぶ変わって、
気密性が高い建築様式を取り入れている住宅も、多いですよね。
冬にとても暖かく過ごせる反面、
夏もまた熱が籠ってしまう、という💦
『風の道』は家の中を吹き抜けていく風…、
想像してみてください。
畳の間、襖を開けば隣の畳の間と繋がり、風は実に心地よく吹き抜けていく。
風を感じると、体感温度は違いますし、
暑さと涼をバランスよく感じるのは、暑い夏を乗り越える為に大切なこと。

例え昔ながらの伝統的な和な住宅でなくても、
風の道を意識して窓を開けると、
暑い空気が抜けやすくなるような気がします。うちは熱が籠りやすい…と感じている方は、窓の開け方を工夫してみると、もしかすると少し違うかもしれませんよ!


ちなみに筆者は、小さな子供がいるため、
よくジブリ作品、なかでも『となりのトトロ』を見るのですが、
この映画の印象的な挿入歌が、『風のとおり道』というのですよね(*^-^*)。
劇中ではメロディだけですが、実はちゃんと歌詞もあります!

森の奥で 生まれた風が…

で始まる、そんな歌です。
うちでは子供に歌って聞かせる時、きちんと歌詞ありバージョンです。
ひとと、森と、楡の木(トトロ)と…
優しく触れるように通り過ぎていく、風のイメージ。

とても味わい深い、名曲です😊。ぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

貴方の応援が励みになります!↓

また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊

 

pasja1000によるPixabayからの画像

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

🌸プロフィール🌸

深空月 彩(みそらづき さい)

このBLOG、言の葉の風と、恋愛名言・言の葉和BOTの管理人をしています、深空月(みそらづき)と申します🌺

ライター経験が10年ほど、そのお仕事を通して、日本語の奥深さを再確認。

心を打つ綺麗な言葉たちが少しずつ忘れられていくことが惜しくて、またもっと多くの言葉を私自身も知りたくて、様々な言の葉と、心惹かれるフリー写真をご紹介するこのBLOGを、再稼働させることとなりました。

堅苦しいことはない場所なので(*^-^*)、どうぞごゆるりとおくつろぎください。ご紹介する言の葉たちが、貴方の特別なものとなりますよう、願っております✨

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

Please select recommend post from post edit page.